部屋探しで安く済ませる|一人暮らしを彩る最良の賃貸物件とは|ストレスのない住宅を探そう
見取り図

一人暮らしを彩る最良の賃貸物件とは|ストレスのない住宅を探そう

部屋探しで安く済ませる

house

賃貸情報を良く確認する

引越を考えて賃貸情報を見ていると、良く目にすることがある敷金ゼロ、礼金ゼロという言葉は、似ているようで性格は全く異なります。敷金は契約終了までお金を預け入れることで、家賃の滞納や退去時に部屋を清掃するために使われるお金です。そのため、部屋を綺麗にして退去すれば、全てではなくとも幾らか返金されることもあります。これに対して礼金は日本の古くからの慣習で、部屋を貸してもらう家主に対してありがとうの気持ちでお金を渡すものです。つまり、このお金は渡した時点で家主のものとなって退去時にも返ってきません。引越を頻繁にするような人だと、退去時に敷金が返ってくるなら問題ありませんが、礼金は無理なので礼金ゼロを探すのが良いということになります。

都合の良い物件は少ない

支払ったら戻ってこなくなる礼金ですが、やはりこのような物件は非常に少ないと言えます。実際に礼金ゼロの物件を探すと、選択肢が狭まるばかりで良い部屋を見つけるのは困難になります。また、家主側もそれらを理解しているため、例え礼金ゼロになっていたとしても家賃収入で賄おうとするので、自然と家賃が相場より高めに設定されることになります。礼金プラス家賃での支払いは1年を通じて行えば結構な収入となりますが、引越を短期で繰り返す人に取っては支出は少ないほうと考えるべきです。もしも、礼金がなくて家賃が相場より高めに設定してるのであれば、入居時は出費が少なくて楽ですが、長く済むだけ家賃を払い続けるので支出がかさんでしまいます。礼金はこうした仕組みの基に成り立っているので、内容を理解して物件を調べることが重要となります。